セウラサーリ野外博物館  

場所: フィンランド ヘルシンキ郊外 市内からバス20分

鳥やリスなどがいる島の森の中にフィンランド中から集められた昔の建物が移築されている。昔の服装をした案内者がいる建物もある。清らかな空気をすいながらゆったりした散歩ができる。ヘルシンキ中央駅から出るバスはシベリウス公園を経由してくるので途中下車して見るのもよい。
島の周りの静かな景色 農家
農家の家の中 紐を織る主婦
倉庫 教会

ヘルシンキ駅からセウラサーリ野外博物館への行き方

博物館のある島の入り口 バス路線の途中にあるシベリウス公園

セウラサーリ野外博物館 開館時間

5/15〜5/31 平日9:00−15:00 土日11:00−17:00 6/1〜8/31 11:00−17:00 9/1〜9/15 平日 9;00−15:00 土日11:00−17:00  休館 9/16〜5/14

ヘルシンキ駅からの費用(大人往復)

ヘルシンキ駅から バス代往復4.4ユーロ 入場料 5ユーロ  (18歳以下無料) 計10ユーロ 1500円

注意

セウラサーリ野外博物館の案内の英文ホームページがあります。イベント予定、開館時間、休館、料金、行き方などが書かれて必見です。

推薦 

ヘルシンキ中央駅から近い。

ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会