フィンランド便り

2018/03
2018/02
2018/01
2017/11,12
2017/10
2017/09
2017/08
2017/06,07
2017/05
2017/04
2017/03
2017/02
2017/01
2016/11,12
2016/10
2016/09
2016/08
2016/07
2016/06
2016/05
2016/04
2016/03
2016/02
2016/01
2015/12
2015/11
2015/10
2015/09
2015/08
2015/07
2015/06
2015/05
2015/04
2015/03
2015/02
2015/01


イースター(2018/04)

イースターの魔法の呪い"ビルボン、バルボン"。
フィンランドの春の訪れは、 4月1日のキリストの復活を祝うイースターで始まります。3月30日金曜日から、土・日曜日を含め4月2日月曜日までの4日間が休日になります。今年は春の前兆にも関わらずこの日は2㎝程の雪が夜中に積もり、 朝起きて外ると真っ白な幻想世界。
勇敢な住人達が凍り付いた海の上を散歩しています。乳母車を引く人、犬と散歩する人、自転車でサイクリングする人、ノーデックスキーをする人、太陽が輝く週末の日々は家の中にはいられません。待望の春の太陽を浴び祝います。イースターは、子供達にとってチョコレートを貰う楽しい日であります。しかしチョコを貰うためには、仕事があります。心を込め、健康を祈る魔法のまじないを覚え、まじないをしなければなりません。その前日には健康の祈りを捧げる魔法ステックを作らなければなりません。猫柳のつぼみが付いている枝を探し適当な長さに切り、カラーフルな羽を付けて悪病を消し飛ばす魔法スティックを完成させます。そして魔法使いの化粧をし魔法使いの衣装を着て、魔法スティックと貰うチョコレートを入れる籠を持って出かけます。近所のドアベルを鳴らし、昨日覚えた健康を祈る魔法の言葉を大きな声でスティックを振りながら語ります。魔法の言葉は、 "ビルボン、バルボン"。そして健康を祈る言葉 「不老不死の健康をあなたへ差し上げます」そして「私へは、報酬をください」と願います。するとチョコレート・エッグの報酬が貰えるのです。
魔法使いになった子供
イースターの卵 黄色にまとめるイースターのテーブル
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign.com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008。サンタレター協会。 All Rights Reserved。